11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死ぬ」って・・・其の①

B003.jpg
前の私の日記に皆さんからあったかいお言葉いただきまして、ほんとに有難うございました。

友達の一大事にうろたえていたので、またなんかやらかしてしまったか、と

ひやひやしてたんで・・・



そんなこんなでここのとこ、「死」について考えたり話したり、ってことが増えてます。ここで、ちょっと私の考え方・・・・



「死」というものをはじめて真剣に考えたのって・・・



私は何と小5~6年のころ。親戚に赤ちゃんが生まれてお祝いに行った時。



人間生まれてきたんなら、必ず死ぬのだ、という漠然としたことが

え、じゃあ、私だって死ぬんだ・・・と自分のこととしてリアルに受け止めた瞬間でした。

それから「人は死んだらどうなるの?」という疑問が頭の中でぐるぐる・・・

いつも頭の片隅で其のこと考えてたっけ。

意地悪な男の子は幽霊や霊魂の話をするし、

おばあちゃんに聞いたら地獄と極楽の話をしだすし・・・

媽媽に聞いても掃除(昔もだった)で相手にしてくれないし・・・

小兄ハ宇宙の塵の話しだすし・・・

ほんとにいつか死ぬのにみんなどうして平気なんだろう??って

眠れぬ夜をすごしてたことがあったのです。

 

そんな時、大兄(7つ上)に聞いたら即答でした。

「お前、生まれてくる前のこと、覚えてるか?」

「え~~?知らん」

「そやろ?んなら、死ぬ時もおなじやろ」

「!」

そうか、そうなんだ!!

子供って即答に弱い。兄の即答に完璧に納得した。



そうか、地獄で釜茹でされることもなく、幽霊が迎えに来るのでもなく、

生まれてくる前と同じ状態=暗闇(其の当時はそう思ってた)に戻るのか・・



それで一気に不安と疑問が解決したのを覚えている。

兎に角「即答」という技で子供心から恐怖を取り除いてくれた大兄には

(彼には言ってないけど)とても感謝してる。



それで死への恐怖というものが私の中でひとつ消えた。



大学の時に最愛のおばあちゃん(小3まで一緒に寝てもらってた)が亡くなった。輪廻、転生、復活・・・何でもいいから、私も死んだらもう一度会いたい人が

あの世に出来た。



長いので其の②へ~~

今日はここまで・・・









画像はのりぞーさんとこで教えてもらったオーラソーマ リーディング



http://www.white-love.jp/13.htm



私が一個目として選んだ色。・・・1番目=魂(本質)



   創造性をあらわすこのボトルを選んだあなたは、クリエイティブな才能の持ち主。ハートで感じたことを、素直に表現することができる人です。そしてそれが、周囲にもきちんと受け入れられるでしょう。アーティスト、教師、セラピストとしての能力を有しており、このような職種において主に才能を発揮しそう。常に何かを創造していくことで、生きている実感を得ていきます。心を開いて、感覚的なエネルギーで周囲とコミュニケーションをしていくでしょう
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

zuzu8zuzu

Author:zuzu8zuzu
VanNess Wuと言うアーチストを知った事で人生が一変しました。年も住む世界も違う若者が私の中の重い扉を開ける手助けをしてくれました!何が起こるか分からない混沌の世の中、明るく前向きな姿勢で悔いのない毎日を送りたい!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。